名古屋市で子供の弱視・斜視の相談ならひらばり眼科|小児眼科専門サイト
HOME>子どもの眼鏡について

| 子どもの眼鏡について |

仮性近視、近視の治療方針を決めるには「正確な視力検査」が重要です。
単に視力の数字だけでなく近視度数、乱視の有無、毛様体筋の反応性などから総合的に判断し今後の治療に反映させます。雲霧法のみでは毛様体筋の緊張を解きほぐせない時はサイプレジン点眼液を使用して検査をします。近視では眼球が後ろの方に延びてくるため「眼軸長」を測り参考にすることもあります。
単に視力が悪くなってきたから「仮性近視」、訓練をしても治らないから「真正近視」と判断するのではありません。