名古屋市で子供の弱視・斜視の相談ならひらばり眼科|小児眼科専門サイト
HOME>ひらばり眼科からのお知らせ

ひらばり眼科からのお知らせ

臨床眼科学会
こんにちは
先日、臨床眼科学会に参加してきました!
1年で1番大きな学会なだけあって、本当にたくさんの人でびっくりしました。
1度にこんなにたくさんのDrをみる機会もなかなかないですね(笑)

学会では、いろいろと勉強できたので良かったです(^^)
普段なかなかみることはない症例や手術、新しい機械、機械の使い方などたくさんの話を聞くことができました!
たとえば、緑内障や黄斑変性症など一般的に良く知られている病気ありますよね。
でも良く知られている病気でも、まだまだわかっていないことがたくさんあるんだということが今回、学会に参加してわかりました。
日々の検査をしていくことだけでなく、こういう勉強をする機会があるということはとても大事でありがたいことだなと思います。
通常のクリニックではスタッフの学会出席というのはほとんどないみたいなんです。
ですが、ひらばり眼科の院長は積極的に学会参加を勧めてくれるので、その期待に応えられるようもっと頑張っていきます!

投稿者 ひらばり眼科 | PermaLink
就学時検診

こんにちは。先日、就学時検診のお手伝いに近くの小学校へ行ってきました。上級生のお兄さんやお姉さんと一緒に手をつないで教室に入ってきます。最初は少し不安そうな顔をしていましたが、何も怖いことはされないと分かるとすぐに笑顔を見せてくれました。「こんにちは」と挨拶をすると「こんにちは!!」と元気に返事をしてくれる子や、恥ずかしがって下を向いてしまう子などたくさんいました。100人くらいの子を1時間半という短い時間で診たのですが、上級生のお兄さんお姉さん達のサポートのおかげでなんとか無事終わることができました。「今年は泣く子がいなかったので立派だ!」と先生も言っていました(^^)


私は初めての就学時検診のお手伝いだったので、子どもたちに負けないくらい緊張していましたが、子どもたちの笑顔をみているうちにそんな気持ちもいつの間にかなくなっていました!子どもの笑顔の力って本当にすごいですね(^o^)
検診が終わった後、午後の外来に戻ったのですが、そのときに見覚えのある顔が、、、就学時検診にいたお子さんが来てくれました。偶然だったみたいですがとてもびっくりしました(^^)



子どもの眼の成長は8歳までといわれています。6歳ごろに弱視治療を開始すれば、良好な視力を得られる可能性が十分ありますが、状態によってもしくは治療開始の時期が遅くなれば手遅れになる場合もあります。就学時検診はスクリーニングではありますが、大切な時期の大切な検査です。指摘されたらできるだけ早めの御来院をおすすめします(^^)

 

 


投稿者 ひらばり眼科 | PermaLink
ドライアイ勉強会
こんにちは(^^)
先日、ドライアイの勉強会がありました。
勉強会では、ドライアイになるとどんな症状がおこって、どう治療していくのか学びました。

ドライアイと聞くと、思い浮かべる症状は「乾く」ことだと思います。ですがドライアイの症状は乾くだけではないんです!

そ もそもドライアイになるしくみは、大きく分けて2つの原因からわかれます。1つは、涙の量が減っていることです。これは想像がつきやすいですね。そしても う1つが、涙の質が悪い(涙の量は減っていない)ことです。涙の質?ってなるかもしれませんが、実はドライアイ患者の全体の80%が涙の質が悪いことが原 因なんです!

実は涙には水分だけでなく粘膜の成分が含まれていて、この粘膜が弱くなると涙の質が悪くなり、ドライアイをひきおこすことに なるんです。粘膜が弱くなる原因の1つはまばたきの回数が減ることです。読書、パソコン、運転など集中するとまばたきの回数が減り、眼が乾燥します。乾燥 が続くと粘膜が弱まり、さらに乾燥するという悪循環を繰り返すのがドライアイなんですね・・・

こうやっていつのまにかドライアイになって いくのですが、じゃあどういった症状があるのかと言いますと・・・「乾く」「痛み」「ごろごろする」といった刺激感や「かすむ」「まぶしい」「見えにく い」などの眼の見えにくさがあります。症状は個人差があるのでドライアイの感じ方は人によって違いますが、ドライアイを放っておくと眼の表面に傷がついて しまうのでしっかりケアをしないといけません。

では、ドライアイをどうやって治療していくのか・・・基本的には目薬をさすことになりま す。目薬をさすといってもドライアイは目薬をちょっとさすだけで改善するようなものではないです。悪循環が続いておこってしまった慢性的なものですので、 一時的に点眼しても症状が改善しないことが多いので治療を続けていくことが大切なんです!

これからは乾燥の季節です!つまりドライアイになりやすい季節です!みなさん風邪に気をつけるだけでなくドライアイにも気をつけてくださいね(^^)
投稿者 ひらばり眼科 | PermaLink
夏休み

こんにちは。

8月も終わりに近づいてきました。暑さというより雨が多くじめじめした天気が続いていますね。

 

最近は夏休みのお子さんがたくさん来院されます。どこか行ったかと聞くと、プールやテーマパークだったり、おばあちゃんの家に行ったりなど、皆さん思い思いの夏休みを過ごされていますね(^^)♪

 

そんな夏休みもあと少し。みなさん宿題は終わったのかな?何人かに聞いてみると、ほとんどの子が終わったみたいでした。私はいつも夏休みギリギリまでもがき苦しんでいました(^^;)まだ終わってない子はこれから時間との戦いですねヽ(^o^)丿

 

さて、皆さん夏はどこかへ行かれましたか?

私はお休みの日に、南知多にある花ひろばに行ってひまわり畑を見てきました。ひまわりってほとんどの花が同じ方向を向いて咲いているんですね。成長途中のひまわりは、太陽の光をたくさん浴びるために、茎が太陽を追いかけるそうです。そして成長したひまわりは、東向きに咲くんです♪という豆知識を係員のおばあちゃんに教えてもらいました。私の中でひまわりって夏だけのイメージだったのですが、こちらの花ひろばさんでは11月くらいでも見られるそうです。ぜひ皆さん行ってみてください(^^)♪












投稿者 ひらばり眼科 | PermaLink
紫陽花
こんにちは
6月ももうすぐ終わりですが名古屋は雨が少なくて梅雨っぽくない日が続いてますね...

先日、お休みの日にドライブがてら紫陽花を見に行ってきました(^^)
「紫陽花の里」というところに行ってみたのですが、ちょうど見頃でとっても綺麗でした!
青や紫、白、赤紫色と色鮮やかなたくさんの紫陽花が同じ土から咲いているのにひとつひとつ色が違うって不思議ですね...
あと驚いたのが花びらだと思っていた紫陽花が実は花ではなくてがくだったことです。
しかも紫陽花には種類がたくさんあって、みんながくの形が違うんです。
ふんわりと可愛らしいものや優雅でおしゃれなものなどいろいろあって面白かったですよ♪



これから夏本番!
暑さにはみなさんお気をつけくださいね。

最後に...
1番お気に入りの写真です(^^)
ハートの形に見えませんか?



投稿者 ひらばり眼科 | PermaLink