名古屋市で子供の弱視・斜視の相談ならひらばり眼科|小児眼科専門サイト
HOME>ひらばり眼科からのお知らせ

ひらばり眼科からのお知らせ

はやり目
こんにちは。

最近、当院には目やにが出たり、強い充血を訴える結膜炎の患者様が増えています。この結膜炎が、うつりやすいタイプのものかどうかを鑑別するための検査キットを用いて、実際に流行性角結膜炎と診断された方も多数いました。
今回は、流行性角結膜炎が何なのかをお伝えしたいと思います。

流行性角結膜炎とは、アデノウイルスの感染によって起こる角結膜炎です。別名「はやり目」と言い、感染力がとても強いのが特徴です。

症状は、充血、目やに、涙が出る、異物感、まぶしく感じる、瞼が腫れる、痛み、耳前リンパ節が腫れるなどがあります。症状が出るのは、急激で「○時頃から充血して・・・」と突然現れることが多いですが、潜伏期が1~2週間あるためなぜ起こったのか原因がわからないことがほとんどです。

流行性角結膜炎が気をつけなければいけないのは、その感染力の強さです。ウイルスの感染した眼をこするなどして、ウイルスが付着した手で物を触り、他の人がその物を触れ、そのまま眼をこするなどして感染します。その為、流行性角結膜炎は主に手を介して感染(接触感染)します。インフルエンザのウイルスとは違うため、空気清浄機を使っても感染予防の効果はありません。
さらに、流行性角結膜炎の原因のアデノウイルスはとても生命力が強く、ドアノブなどの乾燥した所に付着した場合、10日以上そこに存在し続けます。湿っている所では、20日以上存在する為それほどウイルスの生命力が強く、感染力が強いことがわかります。その為、涙を拭いたティッシュをいつも通りゴミ箱へ捨てないで下さい。必ずビニール袋に入れて、ギュッとしばってからゴミ箱へ捨てるようにして下さい。
このように、集団感染のリスクが高いため、お子様に関しては学校保健安全法より伝染の恐れがなくなるまで出席停止となります。
さらに、感染を広げないために生活面でどのように気をつけたら良いかなど詳しいことは当院のホームページをご覧下さい。
www.hirabari-ganka.com/pinkeye/

治療としては、アデノウイルスに対する有効な薬剤は無く、体に抵抗力(免疫獲得)が出来て自然治癒していきます。したがって、対症療法を行っていきます。充血、炎症に対しては抗炎症剤、他の細菌への感染防止、炎症の治療に対しては抗菌剤を処方します。しかし、角膜が濁るような症状が重くなりそうな場合にはステロイド剤を処方します。流行性角結膜炎は、完全に治癒するのに2~3週間かかります。ですので、眼科を受診して点眼薬を処方されたとしてもすぐ治るわけではありません。

もし、当院に来院された患者様で流行性角結膜炎が疑われた場合は、専用の椅子を用意しています。そして、検査よりもまず院長の診察を優先的に行うことで二次感染を引き起こさないよう細心の注意を払っています。その際、患者様には「うつりやすいタイプの結膜炎かもしれませんので物には触れないように」と一言伝えます。もちろん、スタッフ間でも情報を共有することでスタッフ1人1人が気を配り、気をつけるようにしています。また、患者様には診察だけで終わるのではなく、生活指導を行うことで患者様自身にも気をつけてもらうよう声かけを徹底し、流行性角結膜炎がとても人にうつりやすいものだということを理解してもらいます。

これで流行性角結膜炎のことが少しはわかってもらえたでしょうか。
もし感染してしまったら周りにうつさないことがとても大切です。
流行性角結膜炎にかかった本人だけでなく、周りの家族の協力も大事なんだということが伝わると良いなと思います。
投稿者 ひらばり眼科 | PermaLink
あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます。
2016年がスタートしましたね。
今年もひらばり眼科をよろしくお願いします。

年末年始は私も実家に帰省していました。
やはり実家は良いですね。
とってものんびりできました(^^)

ご近所さんの家で餅つきをしたり、今年もお節を手作りしたりしました。



今年は、伊達巻、田作り、八幡巻き、椎茸最中、なますの5つを作りました♪
黒豆、お煮しめ、茶碗蒸しは母が作ってくれました(^^)
やっぱりお節は手作りのほうが美味しいですね。
家族も喜んでくれますし、何より自分の好きな味付けにできるのでたくさん食べることができます(笑)

今年もたくさんブログを載せられるようがんばりたいです!

投稿者 ひらばり眼科 | PermaLink
ムコスタ点眼薬勉強会
こんにちは。
先日、ムコスタ点眼薬の勉強会がありました。
ムコスタ点眼薬とはドライアイを治療するための点眼薬です。

ドライアイの点眼薬には大きく分けて「粘膜にはたらくタイプ」と「涙にはたらくタイプ」の2つにわけられます。
ところが、ムコスタ点眼薬は粘膜と涙両方にはたらきかけることができる目薬なんです。
つまり、ドライアイによって出来てしまった眼の表面の傷を治すことに特化した点眼薬ということです。
(ドライアイのしくみは以前ブログ「ドライアイ勉強会」に掲載しましたので、詳しくはそちらをご覧下さい)

しかし、ドライアイの点眼薬としてとっても良さそうですが、このムコスタ点眼薬は点眼後、霞んで見えたり、しばらくしてから人によっては苦味を感じたりすることがあります。
霞んで見えるのは、点眼液が白く混濁しているため、点眼後に少しの間白っぽく霞んで見えることがあります。
苦味を感じるのは、成分の味に由来しているからです。点眼後、眼から鼻を通って口にいったときに苦味を感じることがあります。
どれも個人差があるので必ずこういった症状が出るわけではないですが、ムコスタ点眼薬は点眼を始めてからの効果が早く、約1~2週間ほどといわれています。

冬は乾燥する時期なのでドライアイになる方が増えます。
症状や眼の状態に合わせて、ドライアイの治療薬を選ぶことが大切ですね。

投稿者 ひらばり眼科 | PermaLink
スノーボール
こんにちは。
だいぶ寒くなってきましたね。
まだ暖房を使わずに闘っていますが(笑)みなさんは体調とか大丈夫ですか?

最近クッキーを焼くのにはまって、いろんなクッキーを焼いています。
今回はよく作るブール・ド・ネージュというフランスの焼き菓子です。



「白い雪の玉」という意味からスノーボールとも言われています。
いろんなアレンジを加えたりすることができるので、よく作る私のお気に入りのお菓子の一つです。
今回はクリスマスバージョンということで、アーモンドやくるみ、ピーカンナッツ、ピスタチオなどいろんなナッツを中に入れて焼きました。

この写真は当院で2ヶ月に1回発行している「ひらばリンク1-2月号」の「みんなの輪題」にも載ることが決まりました!
HPからも見ることができますが、当院へ受診された時はぜひチェックしてみてください(^^)

投稿者 ひらばり眼科 | PermaLink
習い事
こんにちは。

今回はいつものお菓子ではなく(笑)今年の4月から習い始めた書道のことについて書きたいと思います。

もともと幼稚園の頃から高校生まで習字教室に通っていたのですが、県外の大学へ進学する時にやめてそれきりでした。
今年の春頃に何か習い事を始めたいと思い、それならまた書道をやりたくなったのでまた書道教室に通い始めました。

今回はその始めたばかりの頃の作品を載せたいと思います(^^)



この作品は書道展にだしたもので、実際に展示されているところを撮りました。
結果は参加賞でしたが、今まで書いたことのない書体で難しかったけど楽しかったです♪

目指せ師範代!です(^^)/

投稿者 ひらばり眼科 | PermaLink