名古屋市で子供の弱視・斜視の相談ならひらばり眼科|小児眼科専門サイト
HOME>ひらばり眼科からのお知らせ

ひらばり眼科からのお知らせ

ラングドシャ
こんにちは。



写真はだいぶ前に作ったラングドシャです。

ラングドシャとはフランス語で「猫の舌」という意味です。
クッキーの形が猫の形をしていることからそう呼ばれているそうです。
本来は細長い独特の形をしていたそうですが、日本では写真のようにまん丸な形や正方形でもラングドシャと呼ばれることがあるそうです。

さくっとしていて、あっというまに口の中で溶けてしまう感じがとっても好きなお菓子です。
しばらく作っていなかったので、久しぶりにラングドシャを焼こうかなと思います(^^)

投稿者 ひらばり眼科 | PermaLink
学会
こんにちは。
先日1年で1番大きな学会である臨床眼科学会へ参加してきました。
開催場所が京都ということもあり、学会が終わった後に少しだけ観光もしてきました。



清水寺に行ったのですが、たくさんの観光客でいっぱいでした。紅葉にはまだ少し早かったですが、夕陽に照らされた清水寺はとても素敵でした。

さて、学会ではいろんな話を聞いて勉強することができました。特に、最近当院へ新しく導入されたOCTという機器のことについては面白い話を聞くことができたのでとても良かったです。
最近話題の新しいプログラム「アンギオ」といわれるものがあるのですが、従来のものからさらにバージョンアップするという内容が興味深かったです。ただ、導入までにはまだ時間がかかるそうですが、これからさらに糖尿病網膜症などの病気の早期発見につなげられるようになるのかと思うととても楽しみです。
機器自体が新しく発売されたばかりのものなので、これからもより撮影しやすく、解析内容もより良くなっていくそうなので、私たち検査員もしっかり使いこなせるよう頑張りたいです。

投稿者 ひらばり眼科 | PermaLink
書道
こんにちは。

私は前にもブログで紹介させてもらいましたが、書道を習っています。
9月に昇段試験というものがあり、私は初段から2段へ上がるために挑戦しました。
この試験は半年に1回しかないので気合を入れてのぞみましたが、初めての昇段試験はとても大変でした。

試験は条幅という大きな紙のものを3書体分提出でした。
提出したのは下の写真のものです。



左から楷書、草書、臨書です。
普段から草書は毎月の課題で提出していたので少し書きなれていましたが、楷書と臨書は半紙のサイズでしか書いたことがなかった為、なかなか納得がいくように書けず難しかったです。

初めての挑戦でしたが、頑張って書いたかいもあり2段に昇段することができました(^^)
結果がわかるまでは不安でいっぱいでしたけど、無事に昇段でき本当にほっとしました。

次はまた半年後に試験があるので、それに向けてしっかり練習して3段になれるよう頑張りたいです!

投稿者 ひらばり眼科 | PermaLink
糖尿病と眼の関係
こんにちは。

糖尿病は良く知られている疾患です。ですが、この糖尿病が実は眼と深い関わりがあるということを知っている人は少ないと思います。
糖尿病の三大合併症の1つに糖尿病網膜症というものがあります。これは、中途失明の第2位でもあります。
なぜ、失明してしまうのか・・・
糖尿病網膜症は糖尿病による高血糖な状態が長期間持続することにより、網膜の血管が障害を受け、網膜や硝子体に出血や新生血管、浮腫など多彩な病変が起こることを言います。網膜にはモノを見るために必要な神経がたくさんあります。網膜に病気が起こると、どんな治療を行っても元の正常な状態に戻ることはありません。つまり、病気によって視力が低下すると、治療を行っても視力の改善はしないため見にくさが残る怖い病気であり、中途失明の第2位といわれる所以です。ですので、糖尿病網膜症を予防することがとても大切なのです。
しかし、これだけ怖い病気にもかかわらず眼底での病変であることから自覚症状を伴うことが少なく、かなり進行して視力低下や視野障害に気づくことが多いです。

糖尿病網膜症になる確率は糖尿病を発症してからの期間が長くなるほど増加します。糖尿病を発症して5年未満だと14%、15~19年で57%まで発症率が高まります。ちなみに、内科検診で血糖値が正常範囲内にあったとしても眼には遅れて症状が出るため、眼科への定期的な検診も必ず受けましょう。初期の糖尿病は自覚症状がほぼ無いため、内科で糖尿病を指摘された時点ですでに糖尿病を発症して数年経っている可能性が高いです。また、治療のためにと高血糖な状態から血糖値を急激に下げることは網膜の血管に負担がかかるため病状が悪化する危険性があります。絶対に自己判断せず、必ず医師の指示に従って血糖値のコントロールを行ってください。
眼は身体の一部です。つまり、原因である糖尿病をしっかりコントロールすることで糖尿病網膜症を予防しましょう。必ず内科と連携し、眼科への定期検診を長期的に受け続けることが大事です。

 (※ 治療には光凝固、抗VEGF療法、手術などがあります。)

投稿者 ひらばり眼科 | PermaLink
ロールケーキ
こんにちは

夏の暑さがだいぶ和らいできて、もうすぐ秋が近づいてきましたね(^^)
秋といえば・・・食欲の秋!

今回は何年ぶりかにロールケーキを焼きました♪



「抹茶のロールケーキ」です
中のクリームをあずきクリームにした和スイーツにしました!
久しぶりでしたので巻くのが難しく割れてしまいましたが・・・(^^;)
でも生地はふわふわにできたましたし、味には満足いきました(笑)

次に作る時は綺麗に巻きたいですね!
投稿者 ひらばり眼科 | PermaLink